電子書籍とは何か?必要な物や読み方から買い方まで解説!

ネット環境や携帯端末が普通のものとなった昨今、電子書籍も普及してきています。ただ、そうは言っても、紙媒体と比べて電子書籍が圧倒的なシェアをほこっているわけではないので、まだまだ電子書籍に馴染みがない人も多いのではないでしょうか?

 

「書籍」という名前がついているので本ということは何となく分かるとは思いますが、具体的にはどのような物か分からない方もいるでしょう。そこで、電子書籍とは何か、読み方や使い方はどうするかなど、電子書籍のあれこれについてご紹介します。

 

電子書籍とはどんな書籍?

そもそも電子書籍とは何なのかということですが、電子書籍は簡単に言えば、電子的なデータを画面で読む形式の本のことを電子書籍と言います。電子データと聞くと「何それ?」と思われるかもしれません。しかし難しく考える必要はありません。

 

簡単に説明すれば、データというのはさまざまあり、スマホのカメラで撮影した写真などは「画像データ」となります。電子書籍の場合は小説や漫画の単行本などを電子化したものが電子データとなり、このデータをスマホなどの端末で見れるのです。

 

要するに本屋で本を買うような感覚で、電子書籍を買って端末で読むという感じとなります。現在では漫画、雑誌、小説、写真集などありとあらゆるジャンルの電子書籍が用意されており、若い方から年配の方まで人気があるコンテンツの一つとなります。

 

そして電子書籍の特徴として紙の本とは異なる仕様となっています。例えば全ページ色付きのコミックを読むことが出来たり、小さな文字を拡大表示することが出来たりと、紙の書籍では出来ないことが出来るようになっているのが電子書籍です。

 

また利用する環境にもよりますが、小説などを読んでいる時に分からない言葉があった場合、その言葉を端末上で検索をすることも出来ることもできる場合があり、書籍を読む環境として優れていますが、デメリットも含まれていますので注意も必要です。

 

特に電子書籍で人気なのは漫画です。やはり漫画は既刊も多く、何より漫画を多く読む若い世代はスマホの操作に長けており、電子書籍に抵抗が少ないことが人気の理由でしょう。

 

電子書籍は簡単に読める

電子書籍の読み方ですが、スマホやタブレットなどネットに接続できる端末があれば読むことができます。良く「専用の機器が必要なのでは?」と思ってらっしゃる方も多いですが、実は電子書籍リーダーと呼ばれる専用端末は不要ですので、手軽に読める書籍です。

 

ただ、もちろんですが専用端末を利用した方がさらに快適に電子書籍を読むことができることも多く、スマホやタブレットを使って読むのではなく、専用端末を用意して読む方もいますが、基本的にスマホで読む方の人が多いです。

 

また、電子書籍を読む方法としてさらに詳しく見ると、Chromeなどのブラウザを使って読む方法と専用アプリを使って閲覧する方法があります。webブラウザはネットサーフィンに日常的に使うアプリなので、いちいち電子書籍ストアごとの専用アプリをダウンロードする必要がありません。

 

ブラウザを利用して電子書籍を読む方法は最も簡単かつ素早く読める方法です。さらにブラウザで閲覧するときは、電子書籍のデータ自体をダウンロードしないで閲覧するので端末容量の節約になります。

 

ただ、一部ブラウザ閲覧に対応していない電子書籍ストアもあること、オフライン環境では閲覧できないことが注意点です。逆に専用アプリは各電子書籍ストアごとに用意されており、購入した電子書籍をダウンロードしてオフライン環境で快適に読むことが可能となります。

 

電子書籍自体をダウンロードしているので、ネット環境がない外出先でも問題なく読むことができるのです。ただ、アプリによっては使いにくかったり、ダウンロードするので端末容量がある程度必要になる点は気をつけなければならないでしょう。

 

また、もし興味がありましたら一度電子書籍に慣れるために、試し読みをしてみるのもおすすめです。電子書籍の販売サイトには試し読みという、少しだけ中身を読めるような本が無料で読めるようになっていますので、一度試す価値はあると思います。

 

電子書籍はどこで販売している?

では、読んでみたいと思う電子書籍ですが、どこで取り扱っているのでしょうか?こちらも簡単でネット通販サイトと同じく、ネット上のストアで購入して読むことが多いです。今では電子書籍ストアと呼ばれる電子書籍専用のストアがたくさんあります。

 

その電子書籍の肝心な買い方ですが、これはまずネット環境が必須です。そもそもネット環境がなければ電子書籍ストアにアクセスさえ出来ませんよね。電子書籍を扱うショップで購入して、ネット上もしくはダウンロードして電子書籍を読むという形式が一般的となります。

 

これは電子データを閲覧する性質上、著作権なども考えると、当たり前の購入方法かもしれません。と言っても、ネット環境を用意するのは昨今では難しくないので、導入自体の敷居はそんなに高くないでしょう。スマホなど電子書籍を読む端末自体もほとんどの人が所有しているはずです。

 

また販売している電子書籍はストアによって違いますが、例えばネット通販サイト大手の楽天koboという電子書籍ストアでは何でも取り扱っているという感じです。漫画小説、ビジネス書などの専門書籍などまでありとあらゆる書籍を取り扱っています。

 

読みたい書籍があればサイト内の検索などを使ってすぐに探せるので、本屋さんとは違って書籍を見つける時間も大幅に改善できます。そして具体的な買い方として、会員登録をしてクレジットカードや電子マネーなどで決済する方式のオンラインストアがほとんどです。

 

また、電子書籍はポイントやセールでお得に買えたり出来る場合もあり、紙書籍よりもお得に購入できるチャンスがたくさんあるのも良い点でしょう。

 

無料書籍を読む際も購入が必要?

電子書籍ストアに行くと、大抵は無料書籍が用意されています。多いのは数ページだけの試し読みや期間限定1巻だけ無料というものです。この際、サイトによっては0円で購入という形式をとるものもあります。0円の電子書籍と呼ばれるものです。

 

そう考えると、無料書籍を読むのにも購入という形が必要な場合があるとも言えるでしょう。ただ、会員登録せずとも、気軽に無料で試し読みなどで読めるものもありますので、電子書籍ストアごとによって少し違いはありますが、そこまで難しく考えなくてもOK。

 

ちなみに、著作権が切れた本の電子書籍版を無料で配信しているサイトも中にはあります。

 

書籍タイプもさまざま

本を1冊そのまま販売している電子書籍もあれば、1巻の中の一部(1話)を販売しているストアもあり、販売している書籍の種類についてもさまざまありますが、一般的に多いのは1冊をそのまま販売しているストアが多くなっています。

 

これ以外では雑誌や漫画が定額で読み放題となっているストアもあります。サブスク型と言われていますが、毎月決まった金額を支払うと、その月は指定された書籍が読み放題となるサービスなどもありますが、指定された書籍のみしか読めないデメリットもあります。

 

そして電子書籍のレンタルが出来るサービスまであります。このように、紙の書籍とは異なる販売形式となっているので、自由度が高い読み方が電子書籍で可能となっています。また、お得に電子書籍を買いたい、読みたい場合に使えるおすすめのサイトがあるので、ご紹介します。

 

おすすめの大手電子書籍ストア

では、数ある電子書籍ストアのなかでもおすすめのものをいくつか紹介します。どれも広告などで一度は目にしたことがあるかもしれません。また大手ですので安心して使えるようなストアですので、初心者の方からすでに利用している方までおすすめです。

 

kindleストア

大手ネットショップのamazonが運営する電子書籍ストアです。非常に多く電子書籍が読めるのは当然ですが、利用者数も世界的に多いのが特徴。漫画はもちろん小説や実用書、洋書や個人の方が執筆したような電子書籍まで販売しています。

 

また、amazonプライム会員向けのサービスやkindle unlimitedといった定額読み放題で読めるサービスなど充実しているので、すでにamazonユーザーにもおすすめです。

楽天Kobo

こちらもネットでショッピングなどをした事がある方にとっては知っている名前でしょう。楽天が運営する電子書籍ストアが楽天Koboというストアで、約400万冊以上の電子書籍を扱っており、国内でも最大級のストアと言えます。

 

また、楽天ポイントの利用やキャンペーン開催などによりお得に購入することも可能です。楽天カードなど楽天系列のサービスをよく利用する人には、特におすすめなストアだと言えるでしょう。

ebookjapan

楽天やアマゾンに比較するとebookjapanは漫画ジャンルが豊富な電子書籍ストアで、漫画の試し読みや無料漫画などすごく数が多く、また新刊などもたくさん配信していて漫画を中心に読もうと考えている方にとってはおすすめのストアとなっています。

 

初回の利用者のみ限定のセールや還元キャンペーンの充実もそうですが、ペイペイ対応している電子書籍ストアということもポイント。ヤフーのトップページからもアクセスできるので安心感も高いでしょう。

 

honto

大日本印刷株式会社が運営する電子書籍ストアです。ハイブリッド総合書店という名の通り、電子書籍の購入から書籍の通販、ジュンク堂などの書店がつながっており、共通のポイントを貯めるのはもちろん、利用まですることができます。

 

紙の本の購入と並行したいのならば、おすすめの電子書籍ストアと言えるでしょう。また、自分の興味や関心などに合った本をピックアップしてくれる、ブックツリーという面白い機能もあり本を探したい手間を省けるのが嬉しいですね。

 

電子書籍リーダーについて、どんな機種がある?

先ほど電子書籍リーダーは持ってなくても電子書籍が読めるとお伝えしましたが、ココでは実際どのような電子書籍リーダーがあるのかをご紹介します。電子書籍リーダーは現在主に2つの端末があり、一度は耳にしたことがある名前だと思います。

 

Kindle端末

アマゾンのキンドルストアの電子書籍を読むための専用端末です。後述の楽天koboと比べて比較的安価なのが特長だと言えます。Kindle端末といってもPaperwhite、Oasisといった機種もあり価格帯や機能面なども異なる仕様となっています。

 

基本的にシンプルなモデルが多く、読書に特化したタブレットのような形をしており、読みやすさや目の疲れなどを考えられて作られた端末なので人気も高く、ラインナップも充実しているので、容量や防水機能など自分の目的に合わせて選ぶことができるでしょう。

楽天kobo

オンラインストア楽天Koboの電子書籍を読むための専用端末です。楽天 kobo Touch自体は現在販売終了していますが、楽天koboの電子書籍リーダーは他にも機能別にラインナップが充実しています。そのラインナップを見ると、Kindle端末とほとんど機能的な差はありません。

 

しかし同価格帯のそれぞれのKindleと比べて若干画面が大きいことが特長で、kobo電子書籍リーダーも価格帯が色々と用意されており、防水機能や書き込み機能など上位のモデルになればなるほど容量や機能面などが良くなっています。

 

サービス終了:BookLive Lideo

こちらは電子書籍ストアのブックライブの電子書籍リーダーでしたが、2020年中にサービスを終了しているので、現在は閲覧不可となっています。

詳細:電子書籍専用端末「BookLive!Reader Lideo」サービス終了のお知らせ

 

電子書籍専用端末とスマホで読む時の違い

電子書籍を読むとき、専用端末とスマホではいくつか違いがあります。まず、画面です。専用端末は目に直接当たらないフロントライトの使用、自動的な色合い調整、見やすい電子ペーパーの使用など、目に優しい仕様になっているので、スマホと比べて長時間読んでも専用端末の方が疲れにくいと言えます。

 

次は、バッテリーの持続時間です。専用端末は数週間バッテリーが持つ場合もあり、1日しか持たないこともあるスマホと比べると格段に持続性が高いと言えます。さらに、専用端末は通知やメールなど余計な機能があまりないので、いろいろなアプリを搭載しているスマホより、読書に集中しやすいでしょう。

 

ただ、色は専用端末はモノクロ表示しかできないため、カラー表示の電子書籍はスマホの方が読みやすいかもしれません。読むときの次のページへ進む操作も高性能なスマホの方が若干反応が早く、人によってはこちらの方が好ましいでしょう。

 

電子書籍の疑問など良くある質問について

電子書籍はどうやって保存する?

電子書籍は電子データなのでデータの保存場所はどこになるのか?という疑問ですが、データ自体は購入した時点ではオンラインストア上、もっと言えばクラウド上に保存されておりそこで管理します。基本的に電子書籍ストアはマイページという専用のページが用意されています。

 

書籍の管理などはそこで行う形となり、購入した書籍はオンライン上の本棚などで管理します。そこからダウンロードすると自分の端末上に保存されることになるのです。よって、保存方法としては2パターンある、ということになります。

データ通信が必要?

前述のように購入時点ではネット環境は必要です。また保存した書籍を読む際に、ブラウザビューアと呼ばれる、オンライン上で電子書籍を読むとデータ通信が必要となります。逆に、一旦データを端末にダウンロードすると、オフラインで電子書籍を閲覧できます。

 

但しオフラインで電子書籍を読むとなれば、専用のアプリが必要となるのですが、ネット環境がないときでも読めるので端末さえあればどこでも読める、という読書スタイルが実現します。

複数の端末を使って読める?

これは可能な電子書籍がほとんどです。家ではタブレットで読み外出先はスマホで読む、という利用方法も可能となります。使い分けをすることが出来るので、例えば家族とシェアしたりすることも一応現在は可能です。

 

マルチデバイス機能とも言われていますが、利用可能端末数は電子書籍ストアによって異なるので注意です。マルチデバイス機能がない場合は端末からログアウト、ログインするという面倒ですが手順を踏むことで複数の端末より利用可能です。

電子書籍はコピー出来る?

購入した電子書籍をコピーして読みたいと思った場合、基本的には難しいです。コピーガードがない電子書籍で、かつ利用規約でコピーしてもOKと明記がされている場合、電子書籍をコピーすることが出来ますがそのようなストアは現状、ほとんどありません。

 

不正に電子書籍をコピーすると違法となりますので注意が必要です。またコピーは厳しいですがスクショならOKになっていますので、もし個人的に楽しみたいであればスクショで我慢してみてはいかがでしょうか。

 

電子書籍は紙と比べて安い?高い?

これは一概には言えませんが、新刊以外は電子書籍の方が安い場合が多いです。基本的に電子書籍は紙の本で新品の本よりも安くなっている場合がほとんどですが、約5%~8%程度しか安くなっていない感じなので、それほど差は感じられないという意見もあります。

 

ただ、定価自体もそうですが電子書籍はセールやキャンペーンなどお得に安く買える機会が多いと言えます。ただ、紙の本は売ることができたり中古本もあるので、結果的には紙の方が安い場合もあるので一概にこちらが安いとは言えません。

 

欲しい電子書籍のお支払い方法

電子書籍はネット上で購入しますが、そのデータ自体を宅配により入手することなどできないので、ネットで完結する支払い方法しか使えません。基本的にはネット通販サイトで商品を購入する流れと同じです。カートに書籍を入れて、お支払いページで決済する。

 

このような流れで利用可能です。決済についてはクレジットカード、電子マネーなどとなりますが、利用可能な支払い方法はストアによって異なるので、この辺りは事前に確認をしましょう。ただ、クレカがあればほぼ決済可能です。

 

端末が故障!電子書籍はどうなる?

端末が壊れたら、その端末に保存した電子書籍のデータは消えます。ですので全てが水の泡…と思われるかもしれませんが、ご安心下さい。先で述べたようにネット上で購入したデータ自体は、購入ストアのマイページなどで保存されているのです。

 

そこから新しい端末へ再ダウンロードすれば、また新しい端末で読むことが出来るのです。しかしほとんどありませんが、書籍に再ダウンロード期間を設けている場合、それを過ぎてダウンロードしたデータをなくしてしまうと、電子書籍は完全に消えます。

 

たくさんある!電子書籍のメリットやデメリット

電子書籍のことが大体理解してこられたかと思われますが、メリットばかりではなくデメリットもたくさんあり、実際「私には電子書籍が合っていない」との理由で電子書籍を読んでいない方も多数います。以下、電子書籍のメリットやデメリットについてです。

 

メリット

セールで安く買える

前述しましたが、電子書籍の方が安く購入できる場合が多いです。理由としては紙の書籍では安売りは出来ませんが、電子書籍はセールなどをしても良いことになっているので、ストアごとにセールなどを実施しているので安く買える場合も多いです。

 

その他、クーポン割引や入会割引など、独自の施策を行っているストアが多く、特に大量買いなど単行本などまとめて購入するのもお得になるでしょう。

 

本の場所をとらない

紙の本のように場所をとらないので、たくさんの電子書籍を気軽に持つことができるでしょう。自分の部屋が小さく、出来れば本を置く場所を何とかしたい!と思った場合などに電子書籍は最適です。紙の本とは違って何冊購入しても場所は必要ありません。

 

実際、部屋のスペースが気になるので紙の書籍を売却して、電子書籍に切り替えたという方もいるぐらいです。そして部屋では1000冊などを置くことは厳しいですが、端末なら数千冊などたっぷり書籍を保管できるのもメリットでしょう。

 

外出先でもすぐに読める

例えば通勤時の電車内など暇な時間がある場合やその他、待ち時間などスキマ時間がある場合、本を読みたいけど読もうと思っても紙の本ならかさばるなどのデメリットがあり、なかなか鞄に入れることも難しい場合があるでしょう。

 

しかし電子書籍ならそういったデメリットがありません。端末はスマホなどで代用できるのですぐに読書することが出来、外でもたくさん好きな書籍を読書することが可能です。バックライト機能があるので外出先が暗くても問題なく読めるでしょう。

 

いつでもどこでも書籍が買える

電子書籍はネット上で購入するので、ネット環境さえあれば基本的には24時間いつでもどこでも購入可能です。朝早くに欲しい漫画を発見したけど、本屋は営業時間があるので開いていない…そんな時は電子書籍を活用して読むことが可能です。

 

そして書籍を買いに行く手間も省けるので、時間もそうですが交通費などもかかりません。本屋さんに行かなくて済むので、時間を有意義に利用することが出来ます。

 

新品の状態を保てる

電子書籍は紙の本のように汚れたりすることもありません。数年放置していた紙の本を見たことがある方ならお分かりでしょうけど、紙の本はどうしても経年劣化が生じてしまい、色褪せや汚れなどがだんだん目立ってきます。

 

しかし電子書籍はそのような劣化は一切ありません。いつでも新品のまま読めます。唯一、劣化があるとすれば端末の劣化でしょう。この場合は端末を変更するだけで新品のような状態に保てるので、そこまで問題はないと思われます。

 

拡大や文字サイズを変更できる

目が悪くなってきたので、文字の大きさを変えたい、また迫力のあるシーンなどで、アップして楽しみたい、などこのようなときも電子書籍の方が活躍します。文字や画面サイズを手軽に変更できるので、視力に不安がある人にも便利です。

 

操作方法も難しくなく、スマホで操作する要領でアップなどの機能が使えます。またこれら以外でも読み上げ、メモ機能、語句の検索機能など他にも電子書籍ならではの便利な機能があります。

 

ページめくりが楽

読むのが手軽になるのも電子書籍の大きなメリットです。電子書籍はページをめくるにしても指1本ででき、本を抑えて固定する必要などもないので、読むことが手軽です。片手で操作できスムーズに読むことが出来ます。

 

それ以外でも、オート再生機能のようなビューアの機能を使うことで、自動でページをめくってくれるようになりスワイプなど指の動作をしなくても読める場合もあります。

 

デメリット

目に負担がかかりやすい

やはり液晶画面を見続けるので、目に負担がかかります。特にじっくりと見てしまうので、ドライアイの方は要注意となります。また一番言われている問題点としては、端末のブルーライトが問題と言われています。

 

ただ、ブルーライトをある程度カットできるような端末もありますし、紙の本ならば絶対に目に良いわけではない、専用端末を使うと目の負担が軽減される、などの面もあるので、目の負担は一概にデメリットとしては言えない部分もあります。

 

売れないし、中古もない

紙の本は物として残ります。ということは紙の本はブックオフなどのお店で売ることが出来ます。もちろん中古本を購入することも出来ます。しかし2021年12月現在、電子書籍は中古流通がほとんどありません。

 

紙の本と違って中古ショップなどもありませんし、当然売ることもできません。これは人によってはデメリットとなることでしょう。また、端末を利用する性質上、他人に貸したりすることも難しいと考えられます。

 

紙しか買えない書籍も多い

紙媒体しかない書籍もまだまだ多いです。例えばバスケ漫画のスラムダンクは、電子書籍化されていません。もちろん、その他の書籍においても電子書籍となっていない本はたくさんありますので、今でも紙しか買えない書籍も結構あります。

 

そのため、読みたい本の電子書籍版がなくて、結局本屋に行くことになるケースも考えられます。しかし最近出版している有名な書籍は、ほとんど電子書籍化になっているので、そこまで困ることは少ないと考えられます。

 

充電が必要となる

端末で閲覧するのでバッテリーがなくなれば当然電子書籍を読むことはできません。ただの物と化してしまいます。その為、電子書籍を読む方で多いのが、使い分けです。1つの端末だと常に充電を気にしなくてはならないでしょう。

 

電子書籍を読む以外でも、ラインなど他のアプリを使う場合もあるので、バッテリーの消費についてはある程度意識しておかないといけなくなります。外出先で気軽に読めることが、逆にデメリットになる場合もあるでしょう。

 

読みづらく感じる場合もある

やはり紙の書籍とは違い、電子書籍特有のレイアウトやコマの表示などで、電子書籍の方が読みにくいものがあります。またそもそもモニターなど液晶画面を通して読みますので、読みにくいので微妙と感じる方もいらっしゃいます。

またビューアアプリによっては、感覚的に操作しづらいものもあり、操作性の問題で読みにくいと感じる人もいます。よって、読みにくさについては好みの問題もあり、実際使ってみないと分からない部分でもあります。

 

将来読めなくなる可能性がある

電子書籍は本を閲覧する権利を購入しているだけなので、購入した電子書籍ストアがサービスを終了した時は、買った電子書籍がその後読めなくなる可能性があります。ここ数年でも数サイト、閉鎖となっておりその後の対応はストアによって違います。

 

読めなくなるストアの対応としては、代わりのストアに引継ぎなどのサービスを提供していたりして、今まで閉鎖したストアにおいて買った書籍が無駄になるということはありませんでしたが、今後閉鎖したストアが出てきた時、読めなくなる場合もあるのです。

 

紙の質感が全くない

電子書籍は、紙の本のようにページをめくる感覚を味わうことは出来ません。1ページをめくって紙の触り心地や独特の匂いなどを楽しみたい、という人にとっては電子書籍はそのような質感が全く感じられないので嫌だ、と言う人も結構います。

 

また、電子書籍はページをめくる動作がないので記憶に残りにくいと言われており、記憶にとどめたい本を読むのに適さないという見解もあるのです。

 

まとめ

以上、電子書籍は何なのかを中心に見てきました。まず、電子書籍の魅力についてですが、外出先でも大量のタイトルを手軽に読めること、普通の本のように保管に場所をとられることがない、本屋に行かなくても購入可能などがあげられます。

 

電子書籍自体、読むことへの敷居はそんなに高くはないので、興味がある人は思い切って読んでみることをおすすめします。不安ならば、まず無料版を試してみるのもよいでしょう。今からでも遅くはありません。

 

そうは言うものの、「とても便利そうだけど、利用するための敷居が高そう……」と感じている人もいるかもしれません。確かに、何かデジタルや端末の知識がないと使いこなせないよう気もしますが、実際にはそんなことはほとんどありません。

 

スマホやタブレットなどの携帯端末を利用するのが一般的になっている現在では、誰でも簡単に電子書籍を利用することができるのです。ただ、電子書籍にはメリットもあればデメリットもあるので、できることならば電子書籍と紙の本を自分の目的に合わせて使いこなすのがベストかもしれませんね。

error: Content is protected !!