電子書籍を買うとバレる理由と内緒でバレずに買う方法

今となっては気軽に楽しめる電子書籍。しかし「親に買っていることがバレたくない本がある」「バレたら嫌なジャンルの本を買っているところを見られたらどうしよう」そんな悩みを持つ方は少なくないのではないでしょうか?

 

電子書籍のメリットとして恥ずかしい書籍なども気軽に買える点がありますが、内緒でこっそり買っている電子書籍がバレることはあるのか気になるところです。特に若い方に多いのが「親が契約しているスマホ」で電子書籍を読む不安です。

 

一見すれば電子書籍だとスマホの端末内に保管できるので、部屋に現物は残らないですし、バレないと思うでしょう。書籍を買っている現場を見られることもありません。しかし、場合によってはバレてしまう可能性があります。

 

ではどうしたらバレずに電子書籍を買うことができるのでしょうか?本記事では「バレてしまう理由」と「バレないための対策」について解説していきます。最後までお付き合いください!

 

電子書籍を買ったらバレた!その理由とは

まずは、なぜ購入したことがバレてしまうのか。バレる理由はすごく単純な理由ばかりとなっています。では、どのような場面で引っかかるのか。その理由をまとめてみましたのでご覧下さい。

 

勝手にスマホなど端末を調べられる

良くある話として、親が危険から守りたいという理由から気になってスマホを調べられる、ということがあります。また彼氏彼女の関係で相手のスマホが気になるという人は多く、勝手にスマホの中身を覗かれてバレるというケースがあります。

 

この記事を書いている私自身、勝手にスマホの中身を見られバレました!ここで重要なのがスマホなどの端末に「パスワードロック」「パスコード」などでリスク管理をすることが大切になります。今ではほとんどの方がロックをかけているとは思いますが、かけてない方は必ずかけて下さい!

 

この「勝手にスマホなどを調べられる」というのが一番恐ろしいことになります。買った本のタイトル、購入金額や利用している電子書籍ストア名まで全てバレるので、調べられる前に対策をしておくことが重要となります。

 

また勝手にスマホを調べられる理由として、普段の何気ない会話の中でも怪しさを感じさせてしまうと調べられる可能性があります。ちょっとした発言にも注意が必要となるので気を付けましょう。

 

キャリア決済やクレジットでの明細でバレる

電子書籍を購入する方法としてクレジットカードなどが代表的ですが、その他にもキャリア決済など携帯料金と一緒に引き落としするような支払い方法が選択出来たりします。両者とも明細を確認すれば店舗名が記載されているのでバレやすいです。

 

またクレジットカードは「カード利用の通知サービス」などによりクレジット支払い(電子書籍を購入された時)で決済されると、数分後に通知がメールが届くサービスがあったりします。通知サービスでは店舗名など詳しく載っていないケースが多いですが、感づかれる可能性は高いでしょう。

 

いくら高額の決済ではなくとも、見覚えのない店舗の利用通知は怖いもので、そうならないためにも、キャリア決済、クレジット決済の選択は控えたほうがよいでしょう。また、店舗名だけ記載されるのみで、書籍のタイトルはバレませんのでご安心下さい。

 

キャリア決済やクレジットでバレる、というのは単純に「電子書籍ストアを利用している」ということがバレるだけです。

 

登録中のメールアドレスでバレる

電子書籍購入サイトに登録したアドレスがご両親と共用のものであったり、メールアカウントにログインした状態の共用PCを使用している場合は、バレる可能性があります。購入後のメールがそこで受信されており、ご両親の目に入ってしまうことは少なくありません。

 

また、受信したメールが携帯のホーム画面に表示されていて、たまたま見られてしまってということもあるでしょう。スマホに通知が来ない、あなただけが使用しているアドレスで登録することをお勧めします。

 

メールアドレスの作り方などは簡単ですぐに出来ますので、プライベート用として一つ作成しておくといいでしょう。

 

監視アプリなどでチェックされる

見ているサイトなどを隅々まで、というほどではありませんが、どんなアプリをどれぐらいの時間使っているかは監視アプリを通して知られてしまった場合はバレる可能性が高いです。この場合は有料で書籍を購入する以外でもバレる可能性があります。

 

無料漫画アプリなどを使っていても、のアプリの使用時間が極端に長かったり、見たことのないアプリが入っていたりすると怪しまれるきっかけになりかねません。また、フィルター制限がかかるサイトを何度も見ようとするのも危ないでしょう。

 

見守りフィルターのようなサービスは、利用している親御さんがほとんどなので、頭の中に入れておきましょう。現在使っているスマホなどに監視アプリが入っているかどうかチェックする方法としては、端末に入っているアプリをチェックすることです。

 

見たことがないようなアプリが入っている場合は、そのアプリ名などを検索などを使って調べてみるのがおすすめです。目視でチェックすることで、ある程度は発見できるでしょう。

 

購入や閲覧履歴をチェックされバレる

クレジットでバレるという場合と、似たところはありますが購入履歴でバレる場合があります。例えば、電子書籍を家族共有で利用しているような場合。請求代が高かったりすると、ご両親は「ん?」という感じになりますよね。

 

そこで購入履歴を見られバレる、というパターンです。購入履歴に電子書籍の購入履歴は残りますので、この場合は書籍のタイトルまでバレるのです。勝手に端末を調べられる場合と同じように全てバレてしまいますので、気を付けないといけない部分です。

 

また閲覧履歴にも注意です。閲覧履歴は結構バレやすく意外と盲点となっています。例えば大手のAmazonではトップページから少し下にスクロールするだけで閲覧履歴からのおすすめ商品が表示されますし、簡単に閲覧履歴ページにアクセスできるようになっています。

 

簡単に見れるので閲覧履歴は削除しておく方がいいでしょう。また、閲覧履歴の削除方法としては各通販サイトやストアによって異なりますが、ほとんど簡単な操作で削除できます。ココでは大手のアマゾンを例にして、閲覧履歴の削除方法を解説してみます。

 

Amazonでの履歴を削除する方法

購入履歴の削除方法

アマゾンでは購入履歴を削除することは基本的に出来ない仕様となっています。アカウントより購入したという履歴を消すことはアカウントを削除する方法しかありません。しかし購入した商品を非表示にすることは可能となっています。

 

但し、アマゾンの場合は非表示にしても検索などを使って表示させたり、メニューより簡単に表示させることが出来ますので、100%防げる訳ではありませんのでご注意下さい。また、この方法はパソコンからしか利用できません。

 

STEP.1
Amazonのサイトを開き注文履歴をクリックする
まずパソコンでAmazonのサイトを開きます。この時ログイン状態にしているとサイト上部にアカウント名が表示されていますので、その横にある注文履歴をクリック。
STEP.2
注文を非表示にするをクリックする
注文履歴が一覧で表示されるので、非表示にしたい注文があれば「注文を非表示にする」をクリックするだけ。

非表示のボタンをクリックすれば、以下のような表示になります。

STEP.3
クリックで非表示が完了!
再度表示させたい場合は、注文の下にあるプルダウンメニューより表示することが出来ます。

 

これで、注文を非表示にすることができました。入念に調べることをしなければバレることはないでしょう。

 

閲覧履歴のの削除方法

スマホやパソコンなどからは簡単に閲覧履歴が見えてしまいます。例えばスマホでしたら、アマゾンのサイト上部のアカウント名をタップし、アカウントサービスという項目までスクロールすれば簡単に見ることが出来るのです。そこで閲覧履歴を削除する方法を解説します。

 

STEP.1
Amazonのサイトを開きアカウント名をタップ
ログイン状態だとAmazonのサイト上部にアカウント名が表示しているのでタップします。
STEP.2
閲覧履歴をタップ
アカウントサービスより閲覧履歴をタップすると閲覧履歴が表示されます。

STEP.3
削除をタップする
商品が表示されたら、表示から削除をタップすれば完了です。

 

ある程度は親の気持ちも理解しよう
近年、スマホを利用した犯罪などが増えています。一言でいうとスマホなどの内容が気になる理由としてご両親は「あなたを危険から守りたいから」であると考えられます。
スマホがあればどこでも繋がることができる今の世の中、良いところもあれば悪いところもあるのです。「うっとうしい」と思う気持ちはあるかもしれませんが、少しは親の気持ちを理解することも大切です。

 

電子書籍を内緒でバレずに買う方法

上述の通り、クレジットカードなどで電子書籍を購入してしまうとバレる確率がアップします。ではどうすればいいのか?答えは簡単ですのでこっそりと誰にもバレずに電子書籍を買う方法を解説致します。

プリペイドカード(電子マネー)を活用する

電子書籍を購入する場合の支払い方法をプリペイドカード・電子マネーで支払うことです。プリペイドカード(電子マネー)とは、あらかじめお金をカードに入金しておいて支払い時にカードの番号で決済するカード。

 

言葉にするとややこしいですが交通系ICカードのPASMOやSuica、セブンイレブンで使えるnanacoをイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。電子マネーはコンビニでも売っていて手軽に購入できるのも嬉しいですね。

 

電子書籍ストアで使えるプリペイド型電子マネーとしては、多いのがWebMoneyやビットキャッシュなどに対応しているストアが多いのが特徴です。有名なプリカとしてAmazonギフト券などもありますが、基本的に対応しているストアが少ないので気を付けましょう。

 

もし電子マネーを使って電子書籍を買いたいと思うのであれば、先に電子書籍ストアの支払い方法より、対応している電子マネーについて知っておく必要があるので、まずは利用するストアの支払い方法を確認するところから始めましょう。適当に電子マネーを買うと使えない可能性もあるので気を付ける必要があります。

 

こうするとキャリア決済などでバレたり、ご両親にクレカの請求がいくことは絶対にないですし、バレる可能性は低くバレずに買うことが出来ると思います。バレるとすれば購入メールを見られる、読んでいるところを見られるくらいですが、これも簡単な対策があるので以下で紹介します。

 

基本的に単純な対策でバレる可能性が低くなる

ここまでは「バレる理由」に関して「バレること」を前提としてお話してきました。しかし、安心してください。実際のところ基本的にバレる可能性は低いのです。なぜバレにくいのか。それはバレる原因に抜け道、つまり対策があるからです。

 

スマホなど端末はロックをかける

勝手にスマホを見られてしまう可能性がある場合は、パスワードを設定してロックをかけ、いつでも中身を見れる状態を防ぐことで「見れない状態」を作ることが出来ます。一番簡単で一番効果的な方法でしょう。

 

アカウントは自分で作る

アカウントを自分で作るとメールアドレスなど連絡先も自分で管理しているアドレスを使うと思いますので、購入メールなども自分で管理しているメアドに届くでしょう。メールは自分だけが見れるのアドレスを使用するのがコツとなります。

 

さらに共有で使っていないアカウントなので閲覧履歴なども調べられる必要もありません。

 

デビットカードを作るのもおすすめ

プリペイドカード(電子マネー)を使う方法がベストだとは思いますが、出来れば利便性を考えてデビットカードで支払う、という方法もあります。デビットカードはクレジットカードと同じ役割をするので便利ですよね。しかし、一部のストアは対応していませんので注意も必要です。

 

クレジットや、キャリア決済は控え、これらを徹底していただけたらバレる可能性はほぼゼロに近くなるはずです。

 

明細で本のタイトルがバレる可能性
基本的に本のタイトルまでバレることはまずないです。理由としては、先ほど出てきたクレジットやキャリア決済等で表示される請求名義は会社名にとどまることがほとんどだからです。
漫画サイトやアプリのQ&Aやヘルプを見ても「請求元は〇〇株式会社と表示されます」「本のタイトルまで載ることはありません」と記載されている場合が多くタイトルまで表記されることはないでしょう。
ただアプリ内、サイト内で購入履歴を見られてしまう、実際に読んでいるところを見られてしまうと巻き返せないので注意が必要です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。バレる原因からその対策、バレないための小技までお付き合いいただきありがとうございました。誰にもバレずに読みたい電子書籍を読むのは、すごく素敵なことですよね。楽しい毎日を送るための一つの方法で非常に良いことです。

 

しかしそこには、リスクもつきものでバレないようにする為に知識・情報は必ず持っておくべきです。しっかりと対策をして、安心安全で電子書籍を楽しんでいきましょう!

error: Content is protected !!