電子書籍でd払いを使ってお支払いが可能サイトはある?

年々インターネットでの決済が増える中で、クレジットカードがなくても使える支払い方法として注目されているのがスマホ決済などのサービス。なかでも利用者が多いドコモのd払いはポイントなどお得な面がたくさんあります。

 

d払いはとても便利な決済方法で街での買い物はd払いで出来るのですが、電子書籍ストアでも使えるの?と思いますよね。現在、多くはありませんがいくつかd払いに対応している電子書籍ストアがありますので、情報をまとめてみました。

 

また名前の良く似た「ドコモ払い」の存在のためか、d払いとドコモ払いは同じと理解している方も多いようです。そこでこの記事では、d払いに対応している電子書籍ストア、d払いやドコモ払いとは何かまであわせてご紹介します。

 

そもそもd払いとは?

d払いとは、言わずと知れた大手携帯キャリア「ドコモ」が提供する決済サービスです。インターネット上・町のお店どちらの支払いにも対応しており、銀行口座やコンビニからの残高チャージを駆使すれば、クレジットカードを持たない方でも利用できます。

 

また、利用金額に応じて独自ポイント「dポイント」が貯まるのも嬉しい特徴。クレカとそれほど変わりのない還元率で、お得に決済できる嬉しいサービスです。そして誤解されがちですが、d払いの利用にはドコモの携帯・回線契約は必須ではありません。

 

「dアカウント」と呼ばれるドコモのアカウントだけ所有しておけば利用でき、このアカウントはドコモと縁がない方も含めて、誰でも簡単に取得できます。Softbankやauと契約している方も、問題なく扱える決済方法です。

 

d払いとドコモ払いの違い

d払いとよく混同されるサービスに「ドコモ払い」が存在します。こちらはドコモの契約者しか利用できず、街での支払いにも対応していない決済です。また決済でdポイントも貯まらない、利用できないため事実上d払いの下位互換のような存在として知られています。

 

※d払いとドコモ払いの違い

ご利用方法 d払い ドコモ払い
利用できる人 誰でも利用可能 ドコモ契約者のみ
利用できる場所 ネット・町のお店 ネットのみ
dポイント 利用できる・貯まる 非対応
支払い方法 電話料金合算・d払いの残高からの決済・クレジットカード・全額dポイント払い 電話料金合算・d払いの残高からの決済

 

d払いのキャンペーン時に電子書籍を買うのがお得

d払いは不定期に割引キャンペーンを行っており、特定の曜日や店舗で決済を行うと還元率が上昇します。たとえば2021年11月に実施されたキャンペーンでは、毎週金・土に対象サイトでd払いをすると最大4%のポイントが還元される施策を開催。

 

対象サイトの中には、大手電子書籍サービス「コミックシーモア」なども含まれており、上手に利用するとお得にたくさんのコミックを読めます。電子書籍の決済方法としてd払いをしている方なら、d払いキャンペーンは必ず押さえておきたいですね。

 

d払いが可能な電子書籍サービス

それでは、d払いに対応したおすすめ電子書籍サービスを確認していきましょう。2021年12月現在で約12サイトほどd払いに対応した電子書籍ストアがありますが、今後増えていく可能性もあるので対応ストアが判明次第、増やしていきます。

 

Amazon Kindle

今では無数にある電子書籍サービスの中でも、恐らくもっとも有名なのがAmazonのKindleでしょう。「特定ストアの独占配信を謳われている作品でなければ、ほとんどKindleにあるのでは?」と考えたくなるほどに品揃えが充実しているのが特徴。

 

お支払い方法としてd払いが選択できますが、アマゾンを普段d払い以外で買い物をしている方は、事前に「kindleの支払い設定を管理」よりd払いに変更しないといけませんので、設定が済んでない方はまず最初に設定してから電子書籍を購入しましょう。

 

Amazon Kindleはコミックからビジネス本まで多様なジャンルの作品が見つかります。ひとつのサイトで電子書籍全般をまとめたい方にぴったりで、個別の購入よりも定額読み放題が好きな方には、読み放題になる「Kindle Unlimited」も用意されています。

 

FODプレミアム

フジテレビが運営する月額制の動画配信サービスで、月額976円で5万本以上の動画作品が見放題になるほか、150誌以上の雑誌も読み放題で楽しめます。しかし「FODプレミアム」は動画がメインコンテンツのサービスでは?と思われる方もいるでしょう。

 

実は電子書籍も楽しめる内容となっており、決済にd払いが利用できます。意外にも書籍が無料や半額になるキャンペーンも多く開催されており、あまり知られていない隠れ家的存在としてチェックする価値のあるサイトです。

 

コミなび

東証一部上場企業「Media Do」が運営する、信頼性の高いストアがコミなびです。ユーザーがスキマ時間にマンガを楽しむことを目指しており、スマホ対応の専用ビューアで簡単にオフライン読書ができるなど、手軽にコミックが読めるよう工夫されています。

 

コミなびでは月額課金or都度課金で得たポイントを使って有料書籍を購入できるのですが、d払いは都度課金(ポイント購入)のみ対応しています。月額コースにはd払いが利用出来ませんので気を付けましょう。

 

また最近では、世界初のVRゴーグルを使った読書サービス「コミなびVR」を提供したことで話題になりました。特にVRに興味のある方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

コミックシーモア

電子書籍業界では珍しい、15年以上もの歴史を誇る老舗サービスがコミックシーモアです。知名度も抜群で、聞いたことのある方も多いでしょう。ガラケーで提供していた時代からユーザー数は多く、今でも人気上位のストアとなっています。

 

NTTグループのせいか上述の通り、d払いの「金・土に決済すると最大4%のポイント還元が受けられるキャンペーン」の対象サイトにもしっかり入っています。d払いをトコトン活用して、お得に書籍を楽しみたい方におすすめです。

 

コミックシーモアは今では電子書籍の取り扱いが約85万冊以上となっており、コミックはもちろんライトノベルや実用書、写真集など多様なジャンルの作品がラインナップされています。

 

ひかりTVブック

ひかりTVで有名な「NTTぷらら」が提供しているのが、ひかりTVブックです。ひかりTV未契約でも利用できますが、ひかりTVの契約者ならそれぞれのサービスで獲得したポイントを共通で使えるなど、より便利な形で楽しめます。

 

豊富なジャンルの作品を取り扱っていますが、特にBL作品に強みを持ちます。たとえば、オリジナルのBLコミックレーベル「pirka*2(ピリカピリカ)」の作品には、ひかりTVブックから購入した場合のみの限定特典が付属します。

 

BL好きな方にはたまらないサービスとなるでしょう。現在は新規利用者向けに、最大3冊までの電子書籍が60%オフになるクーポンも配布中です。

 

ブックウォーカー

ブックウォーカーは、あのKADOKAWAが直営する総合電子書籍サービスです。1200社以上の出版社から90万冊以上もの作品を取り扱っており、特にコミックやライトノベルの品揃えは他の電子書籍ストアを凌駕するほど圧巻です。

 

角川作品の値下げ・ポイントバックキャンペーンも頻繁に行われていて、KADOKAWAが好きな方にぴったりのサービスとなっています。d払いは2021年に対応していますが、ブックウォーカーは支払い方法が充実しているのが凄い所でもあります。

 

なお、ブックウォーカーは月額制の「マンガ・雑誌読み放題」と「文庫・ラノベ読み放題」にも対応しています。特にラノベの読み放題は珍しく、重宝するでしょう。

 

dブック

dアカウントが必須となりますがドコモユーザー以外の方も利用可能な電子書籍ストアがdブックです。パソコン版のサイトの見た目はebookjapanに似ており、本の探しやすさや決済方法などまで煩わしい操作などなしで快適に利用できるストアです。

 

ドコモのサービスなのでd払いの残高払いに対応しており、dカードを利用するとお得になるキャンペーンなどまで実施している場合があり、ドコモ関連の決済方法を日々使っている方にとってはお得になれる機会が多い電子書籍ストアでしょう。

 

また新しい電子書籍サービスと思われる方もいるかもしれませんが、実際はサービス提供開始から10年が経過していて、無料の漫画なども他のサイト同様たくさん配信しているので、何かと楽しくご利用できるサイトとなっています。

 

music.jp

マンガだけでなく、音楽や動画もまとめて楽しみたい方にぴったりなのが、総合エンタメサービスmusic.jpです。月額あるいは都度決済にてポイントを購入し、そのポイントを消費して有料コンテンツ(書籍・音楽・動画)を入手する一般的なサービスです。

 

有料コンテンツは約835万点以上と豊富な作品数を誇ります。エンタメ関連をひとつのサイトで楽しみたい場合に重宝しますが、音楽購入以外にはポイント還元がないなど、電子書籍単体で見ると少し劣ります。その場合は、ほかのサービスがおすすめです。

 

オリコンブックストア

オリコンブックストアは、あのオリコンランキングで有名なオリコングループが運営する電子書籍ストアです。70種類以上と幅広いジャンルの電子コミックを扱っており、まだ見ぬ名作と出会いやすいのが魅力です。

 

また、スマホ・パソコン・タブレットなど主要なデバイスからアプリなしでアクセスでき、気が向いた時に書籍を楽しみやすいのも嬉しいポイント。本命のストアとして利用する、というよりは、サブサイトとして隠れた面白いコミックを探す際に活躍します。

 

Renta!

「電子書籍を買うのではなく、レンタルする」そんなユニークな願いを叶えられるのが、株式会社パピレスのRenta!です。通常の書籍購入のほかに48時間のレンタルに対応しており「手元に残すかはわからないけれど、ひとまず読んでみたい!」という時に重宝します。

 

気になるレンタルの価格は、わずか100ポイント(100円相当)ほどから。普通に書籍を買う場合の1/4~1/5ほどの価格で楽しめます。レンタル前に確認できる無料サンプルも充実していますので、まずは一度気になる作品を探してみてはいかがでしょうか。

 

小学館eコミックストア

有名出版社の小学館が直営する、公式の電子書籍サービスが小学館eコミックストアです。直営ゆえに、小学館のコミックが最速で配信されており、電子書籍にありがちな「紙書籍やほかの電子書籍ストアではもう配信されているのに…」という悩みを解決できます。

 

有名な名探偵コナンなど、サイト内に小学館の人気作品のキャラクターがたくさん描かれているのも魅力。楽しい気持ちでコミックを探せます。そのほか、1日1回もらえる来店ポイントや、20,000冊以上の無料試し読みなど、嬉しい機能も盛りだくさん。

 

老舗や大手にも負けない、使い勝手の良いストアです。

 

アクセスBOOKS

2021年1月に13周年を迎えた老舗、アクセスBOOKSはドコモの公式メニューに登録されているサイトで、取扱いコミック数は国内最大級をうたっており、約100万冊以上もの作品を扱っており、d払いも対応しています。

 

またクレカ決済で100%還元されるキャンペーンなど、インパクトのあるキャンペーンも実施しているストアとなります。気になる電子書籍の扱いは、一般紙の話題作はもちろん、漫画であれば大抵の作品が見つかる実力派のサービスです。

 

ランキング機能が充実しており、「少女・女性」「少年・青年」「ティーンズラブ」などのジャンル別に、デイリー・週間・月間の売れ筋をチェックできます。作品以外にも作家ランキングもあり、まだ知らないお気に入りの作者が見つかるかもしれませんよ。

 

電子書籍をd払いで買った場合の明細

d払いで電子書籍を購入すると、d払いのご利用履歴に表示されるようになっています。しかし明細で気になるのは「明細で書籍のタイトルが分かる?」という疑問だと思います。結構、多くの方が明細にタイトルが載ることを気にしています。

 

家族に隠れて趣味の漫画を購入する場合など、明細に載ると少し困りますよね。しかしご安心下さい。基本的にd払いを使っても明細に書籍名は記載されません。たとえば、AmazonKindleでの購入は、単に「Kindle本」と表示されるだけです。

 

また携帯決済(キャリア払い)などを利用しても明細に書籍名は記載されないので、不安に思う必要はありません。基本的に書籍名まで明細に記載されるケースはまずない、と思っていただいてもいいでしょう。

 

不安な場合はポイントを購入する

しかし「それでも万が一があったら…」と不安な方も多いはず。そんな方はd払いで直接電子書籍を決済するのではなく、一度各サイトのポイントをd払いで購入(チャージ)しましょう!ポイントを購入してしまえば、d払いの明細には単にチャージの事実しか記載されません。

 

そのポイントを後からどのように使ってもバレません。秘密にしたい本も安心して楽しめます。ただ、ポイントの支払いに対応している電子書籍ストアしかこの方法は出来ませんので、使えるサイトは限られています。

 

まとめ

この記事ではd払いとは何か、d払いが使えるおすすめの電子書籍ストアと一緒にご紹介しました。特にクレカを持っていない方にとっては、d払いは便利かつ還元率も良い嬉しい決済方法で、ネット以外でも利用できるメリットがあります。

 

ドコモの契約者でなくても問題なく使えますので、興味のある方はぜひ利用してみてください。

error: Content is protected !!