電子書籍は中古で買ったり売ったりすることが出来るのか?

紙の書籍では新品で買った漫画などを売却することができます。また書籍を安く買いたい場合などは、中古本などを買って定価よりも安く購入することも可能ですが、電子書籍でもこのような仕組みはあるのでは?と誰でも思うでしょう。

 

結論を申し上げますと残念ながら電子書籍のデメリットになりますが、電子書籍は基本的に中古で買ったり売ったりすることは出来ません。不満があっても紙の本のように買い取ってもらえないため、特にシリーズ作品以外の新しい本に手を出す場合には、少し勇気が必要です。

 

しかし実は最近、技術の進歩と共に電子書籍界隈でも中古で買ったり売ったりできるサービスが登場しつつあります。この記事では電子書籍サービスを取り巻く現状と、なぜこれまで中古売買が実現しなかったのか、そして中古売買の未来についてご紹介します。

 

電子書籍の中古売買が出来ない理由とは

電子書籍の中古売買はこれまでほとんど実現しませんでした。ではなぜ実現しなかったのかいくつか理由がありますので、考察も含めてご紹介します。

 

電子書籍は読む権利だけ保持する

実はほとんどの電子書籍サービスでは私たちは「アクセス権」だけを購入しており「所有権」を受け取っていないからです。紙の書籍を購入する場合、お金を払って本の実物を受け取りますので、所有権は買った本人のものです。

 

つまり紙書籍では本を読める権利ではなく、所有権(本を自分のものにする権利)そのものを買っています。しかし、実物をやりとりしない電子書籍の場合はそうではありません。お金を払って電子書籍サービスから「読む権利」だけをもらっている形です。

 

書籍のデータを好きにする権利までは受け取っていないのです。ではなぜ読む権利だけなのか?理由としてデジタルデータは容易に不正コピーできてしまうから、との理由により所有権が与えられないと言われています。

 

つまり、中古で売る以前に厳密には私たちは電子書籍そのものを持っていません。なので電子書籍を購入しても、売れないので電子書籍の中古市場というのがそもそも存在しません。

 

劣化が無いのも理由の一つ

電子書籍は物理的に劣化をしないのも中古で売り買いができない理由の一つでしょう。紙の書籍の場合では、日光で焼けて変色したり、濡れて破れてしまったり、小さな虫が湧いたりと時間と共にさまざまな経年劣化が起こります。

 

そのため中古で購入する際には、自然と「新品よりも劣化した状態」で本がやり取りされます。しかし、デジタルデータである電子書籍にはこのような劣化は一切ありません。中古でやり取りされるときにも新品とまったく状態が変わりません。

 

実質的に「安いだけで新品と完全に同様の状態」となってしまいます。これでは、新品で購入しようとする方が激減してしまううえ、中古でのみ活発にやり取りされて価格がひたすらに下がり続けることにもつながりかねません。

 

サービス終了による権利の失効

電子書籍は購入したサービスが終了すればアクセスする権利も失われ、読めなくなる可能性もあります。例えば読む権利を違う方へ販売してしまうと、突然読めなくなる可能性もあるでしょう。実際、過去複数の電子書籍ストアが閉鎖され問題となったケースがあります。

 

但し過去に閉鎖されたサービスのほとんどが何らかの形で保証しているので、全てがパアになるということはほぼないと思ってもいいかもしれませんが、サービス終了というのは電子書籍のリスクであり読む権利が失われるのでこの点もネックとなってると考えられます。

 

電子書籍の出版取次の問題

現在少なくなってきていますが基本的に紙の書籍は出版取次という問屋のような業者を通して、書店などに書籍が流れる仕組みとなっていますが、この仕組みが電子書籍にも存在します。出版取次は書籍のデータを主に管理しています。

 

その他電子書籍のデータをストアに渡すだけではなく、売り上げの管理など細かい部分までサポートしており、電子書籍の扱いについてストアとこの取次の間で何かしらの契約もあると考えられます。

 

電子書籍の市場は拡大し続けている

電子書籍の歴史は古く、人々に普及し始めたのはまだスマートフォンがないころ、2000年代のガラケーからアクセスできる「携帯電子コミック配信サイト」の流行がキッカケです。もちろんそれまでにも電子書籍サービスは存在しました。

 

しかし専用の端末を購入する必要があるなど、便利に扱えるものではありませんでした。しかし、インターネットの発展により通信が高速化したことで、自分の携帯電話でそのまま読書できるようになり、爆発的に普及が進みました。

 

その後も、2007年には米Amazonが電子書籍リーダー「Kindle」を発売し、2010年には日本で「iPhone」が一大ムーブメントとなりスマホが人々に普及するなど、電子書籍は身近なものになり続けます。

 

各種報道により2010年は「電子書籍元年」と名付けられ、2011年には電子書籍の国内売上高がおよそ629億円~651億円を記録。この頃には、電子書籍は無視できない規模の産業となり、以後も成長は右肩上がりとなっています。

 

2020年度には4821億円と市場規模が推計されるなど、この10年間で7倍以上にまで拡大しています。最近では、巣ごもり需要の高まりを受けてさらに好調に推移しており、2025年には市場規模「6700億円」を超えるともいわれています。

 

今後、電子書籍の中古売買も現実になる?

上述のような理由により、これまで電子書籍の中古でのやり取りは難しいと考えられていました。しかし最近では、「ブロックチェーン技術」の登場と下限価格の設定により、風向きが変わりつつあります。

 

ブロックチェーン技術とは

ブロックチェーン技術とは、暗号通貨(仮想通貨)で一躍有名となったセキュリティ技術です。厳密な仕組みは複雑ですが、誤解を恐れずに簡単に言うと、取引ごとに「ハッシュ値」と呼ばれる要素を「ブロック」へと保管することで、データの改ざんを防ぐ方式です。

 

通貨に使われるほどにセキュリティレベルの高い仕組みとして受け入れられています。ブロックチェーン技術の登場により、暗号通貨と同様に、電子書籍のやり取りも誰がいつ取引を行ったのか安全に記録可能となりました。

 

また、ブロックチェーンには電子書籍の不正な複製や改ざんを防ぐ効果も期待されています。結果として、今の段階では恩恵を実感しにくいですが、将来的には電子書籍を購入した場合にも、アクセス権ではなく所有権をやり取りできるようになるのではないかと予想されています。

 

下限価格の設定が可能に

ブロックチェーン技術の登場により、電子書籍の中古売買が現実的に近づく中で「データが劣化しないこと」への対抗策として考えられているのが下限価格の設定です。電子書籍の中古売買では中古にのみ人が集まり、価格が下がり続ける可能性が懸念されます。

 

この対抗策として、中古で売れる下限価格を出版社や電子書籍サービスがあらかじめ設定することで、価格の下がり過ぎを抑制しようとしているのですが、結局のところ、新品よりも中古を買う人が増えすぎるのではないか、という懸念は解消されていません。

 

しかし、一定の価格を維持することで出版社や作者の利益を保護でき、中古売買実現への動きが活発化する効果は見込まれています。

 

一部の電子書籍サービスですでに中古流通がある

このような状況下で、実は、一部の電子書籍サービスではすでに中古売買を始めています。電子書籍やゲーム内アイテムを取り扱うサイトのDiSEL(運営:タップリアル)は、ユーザーが自分の購入した電子書籍を売却して相応のポイントを受け取れるシステムを導入済みです。

 

このシステムにはブロックチェーン技術が活用され、売却者と購入者を特定し、不正が起こらないように工夫されていますが、まだまだ利用者も多くないので、今後の発展に期待したいところでもあります。

 

Amazonでは貸出機能がある

またあまり知られていないものの、海外のAmazon.comは「自分がKindleストアで購入した電子書籍を友人・家族に貸し出せる機能」があります。貸し出しは1回で最大14日間までで、貸し出し中は自分がその本を読めなくなるなどの仕組みが構築されています。

 

紙の本を貸しているかのようなユニークなサービスですが、残念ながら2021年時点で日本では対応していません。

 

電子書籍以外の分野も中古売買に期待
このように、中古売買やユーザー間でのレンタルなど、これまではあり得なかった電子書籍の扱われ方がすでに登場しています。さらに、ブロックチェーン技術の恩恵は何も電子書籍分野に限定されないのが特徴です。

そうなれば音楽、ゲーム、動画などあらゆるコンテンツのダウンロード版に影響し得ると考えられています。近年はインターネットの高速化が進み「5G」どころかその先である高速通信規格「6G」の話まで目にするようになりました。

ダウンロードによりデジタルコンテンツを楽しむ形式は、音楽やゲームなど他分野も含めて、今後ますます当たり前となるでしょう。中古売買が一般的になる未来も、想像ほど遠くはなさそうです。

 

まとめ

この記事では、電子書籍サービスの現状と中古売買が実現しなかった理由、今後の実現可能性についてご紹介しました。電子書籍業界はまだまだ発展の見込める産業で、すでに「DiseL」のような中古売買可能なサイトも登場しています。

 

ゲームや音楽など他分野も含めて、今後、デジタルデータの中古でのやり取りが当たり前になる可能性は十分です。ユーザーとして、楽しみに待ちましょう。

error: Content is protected !!